理想の待遇はキャリアアップ転職で手に入れる!

アイン薬局を辞めたい薬剤師が退職と転職のためにやっておきたいこと

「アイン薬局を辞めたい」という薬剤師、SNSやブログを見るとたくさんいることが分かります。

アイン薬局といえば業界No.1の店舗数を誇る大手の調剤薬局ですが、辞めたいという薬剤師は少なくないようです。

 

この記事では、アイン薬局を辞めたい薬剤師が退職と転職のためにやっておきたいことを紹介します。

 

てしま

弊社を利用される薬剤師のなかにも、アイン薬局から他の薬局や製薬会社への転職を希望される方が複数おられます。

この記事は、アイン薬局を辞めたいと希望される薬剤師の方にアドバイスしている内容を中心に書いています。

 

アイン薬局を辞めたいと薬剤師が思う理由

アイン薬局を辞めたい薬剤師の口コミと退職転職の方法

アイン薬局の薬剤師が辞めたいと思う理由は、大きく3つあります。

 

  • 年収が薬剤師としては低い
  • 休みを取得しにくい
  • 残業が多い

 

年収が薬剤師としては低い

まず、国税庁が発表している「平成30年分民間給与実態統計調査」で平均年収をチェックしてみます。

  • 給与所得者(1年を通して働いた場合):441万円
  • 薬剤師:543.5万円(20代後半の女性は458万6,500円、男性は476万9,000円)

 

一方で、アイン薬局の平均年収は新卒370万円~で、薬剤師の平均年収よりも安いです。

新卒薬剤師の基本給が190,000円~というのも安いと言わざるを得ません。

昇格による給与UPやボーナスも少ないので、収入面で不満を抱いて退職する薬剤師が少なくありません。

 

口コミ

東京都:ものもの(20代、女性)

基本給が安いし、ボーナスも基本給のみで算定されて手当は除外されるため安い。


東京都:丸野さち(20代、女性)

給料の安さを理由に退職する薬剤師が多い。

私もその一人。

6年間も薬学部で学んだのに給料が安すぎて割に合わない。

 

休みを取得しにくい

休みの取りにくさを退職理由に挙げる薬剤師もいます。

特に、地方のアイン薬局に努める薬剤師は、休みが取れないことを退職の理由に挙げる傾向があります。

地方では人材の確保が難しいので薬剤師が少数しかおらず、1人休むと業務に支障が出ることが大きな理由です。

 

口コミ

栃木県:大山由美(30代、女性)
有休を申請するたびに上司にイヤな顔をされるのがツラかった。


奈良県:M・A(20代・女性)
給料が多いのに作業量が多くて、休むに休めなかった。

都市部の薬剤師はそれなりに休めているようですが、私のように地方だと代わりの確保も難しかったです。

また、ヘルプで他の店舗に出かけることも多く、週の半分以上他の店舗に行く時期もあって、ますます休みにくい環境に追い込まれました。

 

残業が多い

残業の多さも、薬剤師がアイン薬局を退職したい理由として挙げています。

アイン薬局は大手の調剤薬局で、社としては残業の削減や残業代の支払いなどを徹底するよう教育がされています。

でも、薬局によっては業務が多くて残業なしには回らないことがあるのが実情です。

 

口コミ

大阪府:内藤(20代、女性)
残業を命じられるわけではないのですが、業務が多くて帰るに帰れません。

小さい子供がいるのでヘルプに入ってもらうこともあるのですが、とても心苦しいです。


東京都:B・O(30代、女性)
何というか提示では帰りにくい雰囲気がありました。

人手が足りないから余計な業務まで引き受けざるを得ないし、常に店頭にいないとダメなのもツラかったです。

サービス残業も多くてイヤになりました。

 

てしま
給料の低さ、休暇の取りにくさ、残業の多さというワークライフバランスに直結する不満が退職の大きな原因となっています。

企業として対応はされていますが、個々の薬局で見ると徹底されていないところがあるようです。

 

アイン薬局を辞めたい薬剤師が退職と転職のためにやること

アイン薬局を辞めたい薬剤師

アイン薬局を辞めたいと思ったら、転職と退職の準備を進めることになります。

慣れていないと退職と転職を別々に考えてしまいやすいのですが、大切なのは退職と転職を一連の流れとしてとらえて行動することです。

 

例えば、退職することだけ考えて実際に仕事を辞めると、転職までに空白期間が生じます。

空白期間が長くなるほど転職は難しくなりますし、住民税や年金の支払いで生活が苦しくなるリスクも出てきます。

また、転職だけ考えて行動すると、退職届の受け取り拒否や引き止めにあい、なかなか退職できず転職に支障が出ないとも限りません。

 

そのため、アイン薬局を辞めたいと思ったら、退職と転職の両方を同時並行で進めていくことが大切です。

 

アイン薬局を辞めたいときの退職の準備

退職の準備は、次のような流れで行います。

  1. 就業規則の確認
  2. 就業規則記載の期間に直属の上司に退職の意思を伝える
  3. 退職日を決めて退職願いを提出する
  4. 後任者への引継ぎ
  5. 退職

 

まずは勤務しているアイン薬局の就業規則を確認し、いつまでに退職の意思を伝える必要があるか確認します。

直属の上司に退職の意思を伝えたら、退職願の提出や引継ぎをして退職日を迎えましょう。

 

てしま
退職の意思を伝える時期は各企業によって違いがあるので、必ず就業規則で確認してください。

 

アイン薬局を辞めたいけど辞められないときは退職代行を利用する

薬剤師は、退職が難しい職業の一つです。

特に地方では薬剤師の人材不足が深刻になっているので、あなたが退職すると薬局の業務が回らなくなる可能性があります。

その場合、上司は全力で引き止めに来るはずです。

 

また、退職金や未払い残業代、退職までの有給休暇の消化を巡ってトラブルになることもあります。

引き止めやトラブルに遭って辞めるに辞められなくなり、泣く泣く仕事を続けるという薬剤師も少なくありません。

 

でも、職場はあなたを人材として必要としているだけで、あなたの人生に責任は持ってくれません。

辞めると決断したときに退職しないと、ズルズルと仕事を続けて「こんなはずじゃなかった」と後悔する人生を歩むことになります。

もし、辞めたいのに辞められないという事情が生じたら、退職代行を利用することを検討してみましょう。

 

退職代行は、退職の意思を職場に代わりに伝えてくれるサービスです。

引き止めや同僚の目を気にすることなく職場に退職の意思を伝えられるので、ストレスなくスムースに退職できます。

また、弁護士が動いてくれる退職代行に依頼すれば、退職金や未払い残業代の請求まで頼めるのも魅力です。

 

退職代行について詳しく知りたい場合は、薬剤師の退職代行は弁護士がおすすめな理由|引き止めやトラブルなく退職する方法を読んでみてください。

 

てしま
辞めたいけど辞められないと悩む薬剤師はとても多いです。

また、退職の意思を伝えた後に同僚の陰口や上司の嫌がらせに遭う人もいます。

退職代行はこうしたストレスを避けるのにピッタリなので、気持ち良く退職したいなら選択の余地はあるでしょう。

 

アイン薬局を辞めたいときの転職の準備

退職の準備と同時に転職の準備も始めます。

もしかしたら「退職のことで精いっぱいだから、転職については退職後に考えたい」と思うかもしれません。

でも、退職後に転職活動をするのはデメリットが多いです。

 

まず、退職すると収入がなくなります。

収入がなくなると「早く転職先を探さなくてはならない」という焦りが生じ、冷静な判断が難しくなることが多いです。

その結果、就職することが目的になってしまい、元の職場と同じような給料や休暇・残業の転職先を選んでしまいかねません。

 

また、退職する前なら「退職を思いとどまる」という選択ができます。

転職エージェントを利用して案件を紹介してもらったり、自分で転職活動をしたりすれば、自分の市場価値を知ることが可能です。

もしアイン薬局より待遇の良い職場への転職が難しいなら、転職しないことを選択する道も生まれます。

退職した後に「転職しなければ良かった。」と後悔せずに済むわけです。

 

てしま
辞めてから後悔したということがないようにするには、在職中に転職活動をすることが大切です。

 

薬剤師の転職には転職エージェントを利用する

薬剤師の転職には転職エージェントを利用するのが基本です。

理由は4つあります。

  • 全サービスが無料
  • キャリアプランの相談ができる
  • 希望に合った非公開求人を紹介してくれる
  • 書類から面接、条件交渉まで全てサポートしてくれる

 

薬剤師の求人情報は転職サイトにも多数出回っています。

でも実は、公開求人には条件が良くないものが多く、アイン薬局から転職しても待遇がそう変化しない可能性があります。

転職に給与や待遇面の改善を望むなら、転職エージェントが保有している条件の良い非公開求人を紹介してもらうのが基本です。

 

転職エージェントが保有する非公開求人は公開求人の何倍も多く、多様な働き方を選択できる求人も豊富なので、自分の状況に合った転職先を探したい人にもぴったりです。

書類選考から条件交渉まで一貫して無料でサポートしてもらえるので、退職前でも無理なく転職活動を続けられます。

 

もし、転職エージェントは利用したくないけど転職サポートは欲しいという人は、オンラインでサポートが受けられるパーソナル・クライムも検討してみてください。

 

薬剤師の転職に向いている転職エージェント4つ

近年は薬剤師向けの転職エージェントが急増しており、「どこを選べばよいか分からない」という声も聴きます。

希望どおりの転職が実現しやすい転職エージェントは4つあるのですが、転職先の希望によって選ぶと納得のいく職場を見つけやすいです。

転職したい職場おすすめの転職エージェント転職エージェントの特徴
調剤薬局ファルマスタッフ

・好条件の求人が多い
・エージェントの質が高い
・対面型でミスマッチが少ない
病院、製薬会社薬キャリ
・薬剤師の利用者No.1
・対応の速さが業界トップレベル
・求人の掘り起こしができる
大手ドラッグストアマイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師
・ユーザー満足度が高い
・好条件の非公開求人が多い
・求人票にない詳細な情報が入手できる
大手企業リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師
・好条件の非公開求人が多い
・薬剤師の転職業界の情報が豊富
・リクナビグループ運営という安心感

薬剤師向けの転職エージェントを詳しく知りたい場合は、薬剤師の転職エージェントおすすめは信頼できない理由を読んでみてください。

 

てしま
よほど地元で強いコネやツテがある場合を除き、転職エージェントを利用して転職活動をする薬剤師が大半です。

転職エージェントのサポートや保有する求人の質が高いことも要因ですが、転職活動の難しい手続きをほぼ代行してもらえることにメリットを感じている人が多くなっています。

アイン薬局を辞めたい薬剤師のまとめ

アイン薬局を辞めたい薬剤師の口コミを見ると、給与、休みがとりにくい、残業が多いというのが3大要因でした。

どれもワークライフバランスを崩す原因となるもので、もしあなたが辞めたいと思っているなら、将来を踏まえて慎重に判断してください。

 

退職を考えるときは転職も一緒に考えておきましょう。

退職後に転職活動を始めたのでは、「早く就職しないといけない」という焦りに囚われて冷静な判断ができなくなります。

 

また、退職がうまくいかない場合は退職代行、在職中に転職を成功させたいなら薬キャリ などの転職エージェントを使うのが一般的です。

ストレスなく退職と転職をしたいなら前向きに検討してみてください。