理想の待遇はキャリアアップ転職で手に入れる!

社労士の転職エージェント5社を比較!転職サイトの方が未経験は有利って本当?

さの
社労士の転職って転職サイトで良いのかな?

 

てしま

一人で転職活動を進めたい人は転職サイトが向いていますね。

サポートを受けながら転職活動を進めたり、書類選考に落ちないようにしたりするなら転職エージェントがおすすめですよ。

 

社労士の求人は転職サイトでも見つかりますが、条件の良い求人はそれほど出回っていません。

社労士の求人には「公開求人」と「非公開求人」の2種類あり、転職サイトに掲載されているのは前者だけです。

非公開求人に応募するには、転職エージェントに登録して求人を紹介してもらう必要があります。

 

この記事では、社労士向け転職エージェント5社を比較し、口コミ評判や求人数などに基づくおすすめランキングを紹介します。

 

てしま

私は、転職エージェントのキャリアアドバイザーとして、社労士を含む専門職の転職をサポートする仕事をしています。

社労士資格のある転職希望者も30件以上担当してきましたので、経験を踏まえて記事を書きました。

 

社労士の転職におすすめなのは転職サイトか転職エージェントか

社労士の転職先を探すために役立つサービスが、「転職サイト」と「転職エージェント」です。

この2つ、名前は似ていますがサービス内容が違い、転職活動の進め方にも違いがあります。

 

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトとは、Web上で求人検索や応募ができる転職サービスです。

自分で転職サイトにアクセスして業種・職種を選んで求人を検索し、気になる求人に応募するというのが一般的な使い方です。

求人検索→応募先選定→書類作成→応募→書類選考→面接のスケジュール調整→面接→内定→条件交渉→転職という一連の流れを、基本的に一人でこなす必要があります。

 

転職エージェントとは、プロのエージェントが転職活動をサポートしてくれる転職サービスです。

転職の希望をヒアリングしてもらい、希望に合った求人を紹介してもらうのが一般的な流れです。

その後の転職活動もエージェントが一貫してサポートしてくれるので、働きながらでも無理なく進められますし、条件交渉など面倒なことも代行してもらえます。

 

転職サイトと転職エージェントのメリット・デメリットをまとめました。

転職サイト転職エージェント
メリット・閲覧できる求人情報数が多い
・求人情報の内容が充実
・個人あてにスカウトメールが届く
・いつでも転職活動ができる
・エージェントのサポートあり
・書類添削や面接指導あり
・好条件の非公開案件を保有
・業界情報や選考ポイントが分かる
・日程調整や条件交渉の代行あり
デメリット・転職活動を1人で行う必要がある
・書類選考を通過しにくい
・第三者のアドバイスがもらえない
・転職後にミスマッチで後悔しがち
・希望の求人を紹介されない可能性
・地方だと面談に通う手間がかかる
・エージェント次第で成否が変わる
・エージェントと相性が悪いリスク

 

社労士の転職では両方を利用する

社労士の転職に向いているのは、転職サイトと転職エージェントの併用です。

マイナビ転職エージェントサーチの調査結果でも、転職活動で転職エージェントと転職サイトの両方を利用している人が最も多くなっていることが分かります。

転職活動では転職エージェントと転職サイトのどちらを利用したか

出典:転職エージェント(人材紹介)と転職サイトの違いとは?どっちを使う人が多い?|マイナビ転職エージェントサーチ(https://mynavi.agentsearch.jp/landing/difference/

 

さの

両方か~。

使い分けってどうするんだろ…

 

てしま

転職活動のスタイルによってメインで利用するサービスを決めておくと良いですよ。

 

転職サイトをメインで利用する

転職活動に割く時間が十分にあり、自分でテキパキと進めて短時間で転職を決めたい人は、転職サイトの利用が向いています。

転職エージェントは手厚いサポートが魅力ですが、面談のために何度も会社を訪問したり、こまめにエージェントと連絡を取り合ったりする必要があるので時間がかかります。

 

てしま
自分のペースで転職活動を進めたい人向けですね。

 

転職エージェントをメインで利用する

手厚いサポートを受けながら転職活動を進めたり、転職後のミスマッチリスクを低くしたりしたいなら、転職エージェントが向いています。

転職サイトを利用した転職活動のような手軽さはありませんが、希望に合った求人を紹介してもらい、転職に向けて一歩ずつ前に前に進む可能です。

 

未経験者は転職エージェントをメイン、転職サイトをサブで使う

社労士資格を取得した後の転職が未経験なら、最初は転職エージェントに登録してサポートを受けながら転職を目指すのが一般的です。

ある程度の時間はかかりますが、書類選考は高い確率で通過できますし、面接も事前対策を受けたり選考ポイントの教えてもらったりできるので、安心して進められます。

 

てしま
費用がかかるのではないかと心配される人もいますが、転職を希望される人に費用はかかりません。

 

社労士の転職におすすめの転職エージェント5社の比較・口コミ評判

社労士向け転職エージェントの比較

社労士の転職におすすめの転職エージェントは5つあります。

大手社労士(士業)特化
・リクルートエージェント
・DODAエージェントサービス
・パソナキャリア
・MS-Japan
・リーガルジョブボード

 

社労士の転職活動を成功させるには、複数の転職エージェントに登録しておくことが大切です。

リクナビNEXTの調査結果を見てください。

転職活動で利用した転職エージェントの数

出典:転職エージェント(人材紹介会社)を使った転職活動ガイド|リクナビNEXT(https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s00912.jsp?html_nm=agentnetwork/guide_agentnetwork.html

 

転職決定者の転職エージェント利用社数は転職希望者全体の2倍にあたる平均4.2社です。

転職に成功している人の多くは、4社以上の転職エージェントを利用しているんです。

「1社でも十分じゃないか」と思うかもしれませんが、1社だけでは紹介してもらえる求人数が少なく、得られる業界情報も限られています。

 

そこで、複数社に登録して求人数や情報量を増やすことが大切になります。

ポイントは、大手と社労士(士業)特化の両方に登録することです。

大手は、好条件の非公開求人を多数保有する一方で専門性の高いエージェントが限られており、特化は、案件はそう多くありませんが社労士の転職に詳しいエージェントが揃っています。

 

上に示した4社に登録しておけば、大手と特化それぞれのメリットを活かした転職活動が可能です。

 

てしま
転職サイトでも求人を探してみたいなら、ビズリーチが弁理士の非公開求人をたくさん保有しています。

 

転職エージェントの比較基準

転職エージェントの比較基準は4つです。

  • 専門性
  • 求人数
  • サポート
  • 口コミ評判

 

転職エージェント専門性求人数サポートハイクラス
リクルートエージェント
DODAエージェントサービス
パソナキャリア
リーガルジョブボード
MS-Japan

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界No.1の転職エージェントです。

公開求人も多いのですが、大手企業の求人など条件の良い非公開求人を多数保有しています。

社労士の求人も公開・非公開ともに豊富です。

 

リクルートエージェントの強みは、大手企業とのコネクションが強く企業の求人が豊富なことです。

特に非公開求人では大手企業の案件がたくさんあり、あなたの実績や経験を踏まえて紹介してもらえます。

実際に利用している人からは、選考に進むともらえる「AGENT Report」が好評です。

AGENT Reportには業界の情報や企業の選考ポイントが書いてあり、転職活動の大きな助けになります。

 

てしま

業界No.1だけあって求人の量も質も高いので、メインで利用するかどうかはともかく登録だけはしておきたい転職エージェントです。

エージェントには社労士業界に詳しくない人もおり、比較検討する求人を増やすつもりで利用しましょう。

 

口コミ

東京都、20代、女性、事務職→社労士
社労士資格の取得を機に、資格を活かせる職場への転職を決めました。

5つの転職エージェントに登録しましたが、私に最も合った求人を紹介してくれたのがリクルートエージェントでした。

エージェントの対応は常に丁寧で、条件面で少し無理を言ったのですが、交渉して希望どおりの条件を実現してくれました。


神奈川県、30代、男性、法律事務所→社労士事務所
元々法律事務所で労務関係の仕事をしていましたが、社労士事務所での経験も積みたくて転職活動を始めました。

最初は別の大手をメインにしていましたが内定がもらえず、リクルートエージェントに紹介された求人に応募してみたら内定を得られました。

書類の検索と面接前の対策指導が効いたと思っています。

 

DODAエージェントサービス

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービスは、業界No.2の転職エージェントです。

求人数や転職決定数ではリクルートエージェントに及びませんが、手厚いサポートには定評があります。

転職エージェントは「エージェントの当たり外れがひどい」と言われがちですが、dodaのエージェントは総じて丁寧な対応をしてくれるので、ユーザー満足度は高めです。

 

履歴書や職務経歴書の書き方から面接指導、条件交渉まで一貫してサポートしてくれるので、ユーザーは安心して転職活動を進められます。

大手の社労士法人やコンサル系の求人が多いので、そうした分野への転職を考えている人にはおすすめです。

 

てしま
エージェントの中には社労士業界に詳しくない人もいるので、条件の良い非公開求人を紹介してもらうつもりで利用するのが無難です。

 

口コミ

東京都、20代、女性、企業→社労士事務所
社労士資格を取得した後、独立を見すえて経験を積みたいと思い、社労士事務所に転職しました。

dodaのエージェントはとにかく丁寧で、履歴書も職務経歴書も第1稿を渡したら完璧に仕上げてくれるし、面接の指導も時間かけてくれるし、感謝しかありません。


埼玉県、30代、男性、企業→法律事務所
全職場の人間関係に疲れ、数年前に取得した社労士資格の活かせる職場に転職したいと思いました。

一人では条件交渉が不安だったのでdodaエージェントサービスを利用したのですが、想像以上にサポートしてもらえて感激です。

書類作成や面接はもちろん自分でやりましたが、添削やスケジューリング、条件交渉までエージェントがサポートしてくれて、希望に合った事務所に就職ができました。

 

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、転職業界では準大手の転職エージェントです。

求人の保有数は大手ほどではありませんが、法務系ポストの転職支援が強いことや、対面のコンサルティングに力を入れていることで知られています。

エージェントから手厚いサポートを受けられるので、社労士資格を活かした転職が初めての人やブランクがある人におすすめです。

 

社労士の求人はそれほど多くありませんが、社労士の採用枠を設定している求人があるのは注目ポイントです。

登録面談で配布される転職必勝ガイドブックも、転職活動の道しるべになると人気になっています。

 

てしま
全国に拠点があるという強みを活かし、対面のコンサルティングに力を入れているのも特徴ですね。

 

口コミ

東京都、30代、女性、社労士事務所→社労士事務所
前職で産休・育休を取得したのですが、早期復帰を求める声がつらくて退職、少し期間を空けて別の事務所に転職しました。

小さい子供がいるので勤務時間の融通が利く事務所を探してもらい、履歴書の作成から面接の調整までエージェントに頼りっきりでしたが、イヤな顔一つせずサポートしてもらえました。

おかげで希望の事務所に就職することができ、余裕をもって子育てができる働き方ができています。


大阪府、20代、男性、社労士事務所→コンサルティング会社
コンサルティング会社へのあこがれがあり、転職しました。

社労士の業務が含まれるとは言え畑違いなところもあったので他の転職エージェントには難色を示されたのですが、パソナキャリアのエージェントだけは「頑張ってみましょうか」と求人を紹介してくれました。

結果的に自分に合った職場が見つかり、今も楽しく働けています。

 

リーガルジョブボード

リーガルジョブボード

リーガルジョブボードは、士業の求人に特化した転職エージェント・転職サイトです。

自力で求人を検索して応募するダイレクトリクルーティングと、エージェントのサポートを受けて転職活動をする2つの方法を選択できます。

また、各士業を担当する専門のエージェントがいるので、社労士の転職業界に詳しいエージェントにサポートしてもらうことが可能です。

 

社労士の求人は、多いときで10件程度と多くありません。

でも、リーガルジョブボードのエージェントは紹介する求人元を訪問取材することになっているので、求人票には記載されていない詳しい情報を得ることができます。

例えば、残業時間や社風、人間関係など、従業員でなければ知らない情報も教えてもらえます。

 

てしま

社労士求人はまだまだ少ないのですが、転職後のミスマッチを予防できる情報をもらえるのが魅力です。

他の士業の求人は徐々に増えているので、社労士の求人も今後増えていくと思われます。

 

口コミ

東京都、30代、男性、社労士事務所→社労士事務所
弁理士の知人がリーガルジョブボードを利用して転職したと言っていたので、大手と一緒に登録してみました。

公式サイトに掲載されている求人数の少なさに驚いたのですが、たまたま私の希望に合う求人があったので、エージェントを介して応募しました。

当初は「こんなに件数少ないんじゃ求人元もちゃんとしたとこかどうか不安だな」と思っていたのですが、エージェントが非常に詳しく情報を教えてくれて、聞いているうちに転職したくなってきました。

今は、リーガルジョブボードで見つけた事務所で社労士として働いていますが、前職場よりはるかにホワイトで、気持ち良く勤務できています。

 

MS-Japan

MS-Agent

MS-Japanは、管理部門の転職に特化した転職エージェントです。

士業の転職にも力を入れ始めており、求人数も伸びてきています。

社労士に関しては、企業や社労士法人のスタッフから管理職まで幅広い求人を保有しており、ハイクラス転職を目指せる非公開求人もあります。

 

社労士資格だけでは紹介してもらえない求人もありますが、キャリア相談が秀逸なので、登録して受けておくと他社をメインに利用する場合でも役に立ちます。

 

てしま
求人の幅が広いので、自分の年齢や経験、希望する役職に応じた求人を見つけやすいです。

 

口コミ

千葉県、30代、男性、社労士事務所→企業
キャリアアップ目的でハイクラスの転職を目指しました。

MS-Japanから紹介されたのは大手企業の総務課案件で、業務内容は社労士資格が活かせるものばかりではありませんでしたが、収入も待遇もアップするので応募し、内定を得ています。

他にも複数のハイクラス求人を紹介してくれたので、求人数は豊富な印象を受けました。

 

社労士向けの転職サイト

社労士の求人情報が掲載されている転職サイトは多数ありますが、キャリアアップを狙える求人が多いのは次の2つです。

  • ビズリーチ
  • リクナビNEXT

 

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス転職に特化した転職サイトです。

年収500万円以上のハイクラスな求人だけを取り扱っているのが特徴で、キャリアアップを目指したい人に向いています。

 

転職サイトなのでエージェントによるサポートはありません。

ビズリーチに登録するとスカウトからメールが届くので、気になる相手に連絡を取って転職活動を行います。

「転職エージェントを利用しながら気になる求人があれば応募してみる」というスタンスでの利用がおすすめです。

 

てしま
ハイクラス求人の情報が豊富なので、情報収集のために登録する人も多いです。

 

リクナビNEXT

リクナビNEXTの第二新卒

リクナビNEXTとは、リクルートキャリアが運営する転職サイトです。

リクルートエージェントとは違って、個人がWeb上で求人情報の検索・閲覧するためのサービスで、エージェントによるサポートはありません。

掲載されている社労士や社労士枠の求人に自ら応募することができます。

 

リクナビNEXTに登録しておきたい最大の理由は、グッドポイント診断です。

グッドポイント診断とは、あなたの強みのトップ5を無料で診断してくれるサービスです。

グッドポイント診断

 

社労士の転職では自分の強みを把握して書類や面接でアピールすることが欠かせませんが、グッドポイント診断の結果が役立ちます。

ストレングスファインダー®という有料のサービスもありますが、転職活動のみならグッドポイント診断で十分です。

 

てしま

転職活動で重要な自己分析を補強してくれるサービスです。

社労士に限らず転職活動をしている人の多くが利用しているので、ぜひ一度は利用してみてください。

無料登録だけすれば利用でき、費用は一切かかりません。

 

社労士向け転職エージェントのおすすめランキング

社労士向けの転職エージェント5つを、「専門性」、「求人数」、「サポート」、「ハイクラス」の4つの基準でランキングにまとめました。

 

  1. dodaエージェントサービス
  2. リクルートエージェント
  3. パソナキャリア
  4. MS-Japan
  5. リーガルジョブボード

 

社労士に特化した転職エージェントはなく、「士業」特化の会社も社労士の求人はまだまだ少ないのが実情です。

そのため、まずは大手の転職エージェント3社に登録し、幅広く求人や業界情報を収集することに努めます。

 

ただし、社労士業界に詳しくないエージェントが担当になることもあるので、専門性の高いエージェントのいるMS-Japanかリーガルジョブボードにも登録しておくのがおすすめです。

特にリーガルジョブボードは、エージェントが求人元を訪問取材して得た生の情報まで伝えてくれるので、転職後のミスマッチを予防するには最高です。

案件が少ないのがネックですが、登録して紹介してもらえる案件がないか聞くだけ聞いてみても良いでしょう。

 

社労士(社会保険労務士)の転職先は6つ

社労士向け転職エージェントについて語る男性

社労士資格のある人の転職先は、大きく6つあります。

 

社労士(社会保険労務士)事務所

最もメジャーな転職先が、社労士事務所です。

社労士が開業している事務所に従業員として入社して働きます。

社労士資格があれば個人で事務所を開設して営業することができるので、転職せず独立開業する社労士も少なくありません。

 

その他の事務所

社労士以外の資格のある人が開業している事務所に転職する方法です。

法律事務所、司法書士事務所、会計事務所などが有名ですが、こうした事務所が社労士の求人を出していることがあります。

例えば、労働関連の案件を取り扱う法律事務所では、賃金形態、労働環境、労災認定などの案件をサポートする仕事に就くことも可能です。

 

また、会計事務所・税理士事務所と社労士事務所を併設して運営することも増えています。

この場合、会計事務所が運営する社労士事務所に社労士として転職する道があります。

 

企業

実は、社労士資格のある人の過半数は企業勤務です。

社労士資格を活かした仕事をしている人もいれば、まったく関係のない部署に勤務している人もいます。

キャリアアップの材料としてサラリーマンが取得するケースも多く、社会保険や労務と関係ない部署で働いている人が資格取得後もそのまま働き続けるというパターンが少なくありません。

 

例えば、企業の経理、総務、人事、会計などで働いている人がいます。

社会保険や労務に詳しいと企業の事務分野では重宝されるので、資格給がつくなど待遇面で優遇されることもあります。

 

コンサルティング会社

社労士が勤務できるのは、社会保険や労務・人事の問題を抱える企業に対するアドバイスやサポートを行うコンサルティング会社です。

社労士の専門性を活かした業務に従事できるという意味では、事務所への転職と近いと言えます。

 

アウトソーシング会社

アウトソーシング会社とは、企業から依頼を受けた案件を代行する会社です。

社労士が勤務できるのは、従業員の給与計算や社会保険の手続き代行といったアウトソーシングになります。

労務や社会保険の問題解決という社労士のメイン業務にはたずさわることができないので、やりがいやスキルアップを考慮して敬遠する人も少なくありません。

 

予備校講師

社労士の業務をこなすのではなく、社労士試験に合格する方法を教えるという選択肢もあります。

大手予備校や通信講座では社労士試験の対策講座を開講しており、試験に合格するための知識やノウハウを教えています。

社労士資格があれば、実務の経験がなくても講師として転職することが可能です。

 

社労士の転職におすすめの転職エージェントのまとめ

社労士の転職に役立つ転職エージェント5つと転職サイト2つは次のとおりです。

おすすめ度転職エージェント転職サイト
dodaエージェントサービスリクナビNEXT
リクルートエージェントビズリーチ
パソナキャリア/td>
リーガルジョブボード
MS-Japan

 

リクナビNEXTの調査では、転職決定者は平均4.2社の転職エージェントに登録しています。

本気で社労士の転職を成功させたいなら、転職エージェント4つにはまず登録しておきましょう。

また、リクナビNEXTはグッドポイント診断という自己分析に役立つサービスが無料で利用できるので、早めに登録して一度は診断を受けておくことをおすすめします。