理想の待遇はキャリアアップ転職で手に入れる!

弁理士の転職エージェント8社を比較!口コミ評判とおすすめランキングも紹介

さの

弁理士の転職先探したいんだけど、求人が見つからなくて。

転職エージェントや転職サイトもどこが良いのかよく分からないし…

 

てしま

弁理士の求人はあまり出回らないですからね。

でも、弁理士向けの転職エージェントに登録すれば、条件の良い非公開求人もたくさん見つかりますよ。

 

弁理士や知財・特許に関する求人は出回りにくいので、転職先が見つけられず困ってしまう人が少なくありません。

でも実は、転職エージェントを利用すれば公開・非公開求人をたくさん紹介してもらえます。

また、企業選考から書類作成、面接対策までトータルで転職をサポートしてくれるので、希望に合った転職を実現しやすくなります。

 

この記事では、弁理士・知財・特許の転職に強い転職エージェント8社を比較し、口コミ評判や求人数などに基づくおすすめランキングを紹介します。

 

てしま

私は、転職エージェントのキャリアアドバイザーとして士業を含む専門職の転職をサポートしています。

弁理士資格をお持ちの方の転職も50件以上担当してきましたので、経験を踏まえて記事を書きました。

弁理士・弁護士・司法書士に特化した転職エージェント

弁理士の転職におすすめなのは転職サイトではなく転職エージェント

弁理士向け転職エージェントのエージェント

弁理士の転職活動に欠かせないのが、転職エージェントの利用です。

「転職サイトでも良いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、転職エージェントと転職サイトでは転職しやすさがまるで違います。

 

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントは、対人型の転職サービスです。

転職エージェントへ行くかオンラインチャットなどを活用してエージェント(キャリアアドバイザーなど)と面談し、キャリアや希望に基づいた求人情報を紹介してもらいます。

また、応募書類の作成や面接などについてエージェントからサポートしてもらうことも可能です。

 

転職サイトは、Web上で求人情報を閲覧できる転職サービスです。

各業界や職種の求人が掲載されている転職サイトにアクセスし、自分で検索・閲覧して気になる求人に応募します。

多くの求人情報を比較したり、転職サイトを通じて応募したりできるのが特徴です。

 

マイナビ転職エージェントサーチの調べでは、転職活動で転職エージェントと転職サイトの両方を利用した人が最も多くなっています。

転職活動では転職エージェントと転職サイトのどちらを利用したか

出典:転職エージェント(人材紹介)と転職サイトの違いとは?どっちを使う人が多い?|マイナビ転職エージェントサーチ(https://mynavi.agentsearch.jp/landing/difference/

 

さの

転職エージェントと転職サイトの両方が一番多いんだ。

確かにたくさん登録した方が求人情報はたくさん集まりそうだね。

 

てしま

一般職の転職では両方利用される方が多いですね。

でも、弁理士や知財・特許の転職活動をされる場合は、転職エージェントの利用をおすすめしています。

 

弁理士の転職では転職エージェントがおすすめな理由

弁理士の転職で転職エージェントがおすすめな理由は4つあります。

 

  • 転職サイトは弁理士や知財・特許の求人が少ない
  • 弁理士の転職活動のやり方は一般求人とは違う
  • 転職エージェントの非公開求人の条件が良い
  • 転職サイトよりも転職の成功率が上がる

 

転職サイトには弁理士や知財・特許の求人が少ない

冒頭にも書きましたが、弁理士や知財・特許の求人はあまり出回りません。

大手の転職サイトなら多少は弁理士の求人もありますが、一般求人と比較するとごく少数ですし、給与や待遇などの条件が良くない求人も多いです。

 

弁理士の転職活動のやり方は一般職とは違う

弁理士や知財・特許関連の仕事ができる転職先には、次のようなところがあります。

  • 官公庁
  • 特許事務所
  • 法律事務所
  • 企業の知的財産部
  • NPE(Non-Practicing Entity、特許専門企業)
  • TLO(technology licensing organization、技術移転機関)

 

いずれも知財や特許に関する専門的な知識・経験が必要な業務を行っており、転職活動で内定がもらえるかどうかは、業務の知識や経験、論理的思考のレベルなどが重要になります。

一般職の転職活動で行う自己分析や企業研究はもちろん大切ですが、弁理士の転職では自分の専門性をいかにアピールできるかが特に重要になるのです。

弁理士の転職ならではの書類作成や面接の方法を知らないと、転職を成功させるのは難しいと言わざるを得ません。

 

転職サイトを利用した転職活動の場合、求人検索から応募、面接まで一人でこなす必要があり、弁理士の転職のノウハウを知らないまま転職活動を続けることになります。

転職エージェントを利用すれば、エージェントから弁理士の転職活動の方法を教えてもらえますし、サポートを受けることも可能です。

 

転職エージェントの非公開求人の条件が良い

弁理士や知財・特許の求人は、一般には公開されていない非公開求人が非常に多いです。

企業が非公開求人を募集する理由は3つあります。

  • 人材を早く確保したい
  • 応募の殺到を予防したい
  • 競合他社に秘密で人材確保したい

 

弁理士や知財・特許の求人に非公開が多い最大の理由は、3つ目の「競合他社に秘密で人材確保したい」というところです。

知的財産や特許といった企業の重要な業務にたずさわる人材を他社に知られず確保するために、非公開求人が多くなっています。

 

転職サイトよりも転職の成功率が上がる

転職エージェントでは、求人探しから書類作成、面接、条件交渉までエージェントのサポートを受けながら進めることができるので、一人で活動するよりも転職の成功率が上がります。

 

例えば、転職サイトのみを利用した場合、何度応募しても書類選考で落とされる人がいます。

実はこれ、応募の方法を間違えていたり、企業が求める基準を満たさず機械的に落とされていたりするのですが、落ちたという結果しか返ってこないので同じ方法で応募を続けてしまいがちです。

転職エージェントを利用すれば、希望に沿った求人を紹介してもらえますし、エージェントが求人企業にも話を通してくれるので、書類選考で落ちるケースはあまりありません。

仮に落ちたとしても、エージェントと課題を検討して次の応募につなげられるので、同じ失敗を繰り返しにくいです。

 

弁理士の転職におすすめの転職エージェント8社

弁理士や知財・特許の転職エージェントを比較

弁理士の転職におすすめの転職エージェントは8社あります。

弁理士の転職活動で転職エージェントを利用するときは、大手と弁理士(士業)特化に分けて考えるのが基本です。

大手弁理士(士業)特化
・パソナキャリア
・リクルートエージェント
・DODAエージェントサービス
・JACリクルートメント
・リーガルジョブボード
・MS-Japan
・REX弁理士キャリア
・Patentjob Agent

 

転職エージェントは大手と弁理士(士業)特化の両方に登録する

転職活動を成功させたいなら、転職エージェントは複数登録しておきます。

リクナビNEXTの調査では、転職活動に成功した人が利用していた転職エージェント数の平均は4.2社(全体の2倍)という結果が出ています。

転職活動で利用した転職エージェントの数

出典:転職エージェント(人材紹介会社)を使った転職活動ガイド|リクナビNEXT(https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s00912.jsp?html_nm=agentnetwork/guide_agentnetwork.html

 

転職エージェント1社から1度に紹介される求人数は2~3件程度です。

たくさんの求人を比較しながら転職活動を進めるには、複数社を利用するのが効率的と言えます。

 

弁理士転職の場合は、大手と弁理士(士業)特化の両方に登録しておくのが基本です。

大手は、非公開求人をたくさん保有しており待遇の良い求人も多いですが、エージェントは必ずしも弁理士の転職に詳しいとは限りません。

弁理士(士業)特化は、案件は大手ほど保有していませんが、弁理士の転職活動に詳しいエージェントが揃っています。

 

ひとまず大手と特化の2社ずつ登録しておけば、10件程度の求人を比較して転職活動を進めることが可能です。

 

てしま
転職サイトでも求人を探してみたいなら、ビズリーチが弁理士の非公開求人をたくさん保有しています。

 

大手の転職エージェントは担当者の当たり外れが激しい?

大手の転職エージェントには能力や知識・経験が異なる多くのエージェントが在籍しています。

そのため、「担当者によって転職活動の成否が大きく左右される」という口コミが少なくありません。

 

でも、こうした口コミは一般職の転職に関するものです。

弁理士や知財・特許といった専門職の転職については専門部署のエージェントが担当するので、担当者の当たりはずれは多くありません。

とはいえゼロとは言えないので、複数の転職エージェントに登録しておくのが安心です。

 

てしま
私も職場の専門部署に配属されており、弁理士資格をお持ちの方を担当させていただくこともあります。

 

弁理士転職向け転職エージェント8社の比較・口コミ評判

弁理士転職におすすめの転職エージェント8社を次の基準で比較します。

  • 専門性
  • 求人数
  • サポート
  • 口コミ評判

 

転職エージェント専門性求人数サポートハイクラス
パソナキャリア
リクルートエージェント
DODAエージェントサービス
JACリクルートメント
リーガルジョブボード
MS-Japan
REX弁理士キャリア
Patentjob Agent

 

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、弁理士や知財・特許の求人をたくさん保有している大手転職エージェントです。

特許庁の先行技術調査を請け負っており、特許調査員を含む知財関連の求人保有数が多いことで知られています。

特許事務所など特許業界への転職を希望するなら登録必須の転職エージェントです。

 

てしま
近年は特許調査員の採用が増えていますが、パソナキャリアにも特許関連の求人が集まっています。

 

専門職に対応するエージェントの能力・知識も高く、希望に合った求人を紹介してくれることにも定評があります。

2019年の「オリコン顧客満足度調査転職エージェント」部門では総合1位を獲得しています。

「紹介案件」、「紹介案件の質」、「担当者の対応」、「交渉力」、「利用のしやすさ」という5つの評価項目のうち4つで1位という圧倒的な満足度です。

 

 

てしま
全国に面接の拠点があるので、住んでいる地域に関わらず手厚い転職サポートを受けることが可能です。

 

パソナキャリアの口コミ評判

口コミ

東京都、20代、女性
合計5社の転職エージェントに登録しましたが、パソナキャリアのエージェントが最も話をよく聴いてくれて、私の希望に合う求人を紹介してくれました。

書類の書き方や面接のポイントを細かく教えてくれたので、無事内定をもらうことができました。

入社後のミスマッチもなく、充実した毎日を送れています。


東京都、20代、男性
新卒で入った企業に在職しているときに弁理士資格を取り、第二新卒として特許事務所への転職を目指して転職活動をしました。

パソナのキャリアアドバイザーからは2つの求人の紹介を受け、そのうち1つの特許事務所から内定をもらいました。

転職サイトだけを利用していた頃は書類選考で落とされていたのですが、パソナを利用した後は書類で落とされることがなくなりましたし、面接も難なくクリアできました。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、保有する求人数や転職の決定数などが最も多い日本最大の転職エージェントです。

大手を含む幅広い企業とのつながりが強くあらゆる業界の求人が集まっており、弁理士や知財・特許関連の求人も多数保有しています。

そのため、企業の知財部の求人を中心に、希望に合った求人を紹介してもらいやすいです。

 

公開求人は他の転職エージェントと大差ありませんが、その何倍もの非公開求人を保有しており、希望に応じて大手企業の求人も紹介してもらえます。

エージェントからもらえる「AGENT Report」も好評です。

AGENT Reportには、エージェントがまとめた「企業ごとの選考ポイント」や「転職成功ケース」、「予想される質問」などが書いてあり、面接対策に役立ちます。

 

てしま

大手らしい手厚いサポートが魅力です。

一般職の転職では、エージェントの質にばらつきがあるという口コミも見かけますが、専門部署のエージェントが対応する弁理士転職にそうした口コミは見当たりません。

 

リクルートエージェントの口コミ評判

口コミ

愛知県:30代、男性
待遇の良い非公開求人に応募したくてリクルートエージェントを利用しました。

転職サイトのように自分で求人を10も20もピックアップすることはできませんが、エージェントが希望に沿った求人を出してきてくれるので、不満はなかったです。

自分一人で転職活動をしていた頃は3社連続で不採用でしたが、リクルートエージェントに紹介してもらった企業には一発で内定をもらいました。

事前にAGENT Reportで選考ポイントを知れたのが大きかったです。


東京都:20代、女性
大手企業の知財部門に転職したくて、大手とのコネクションが強いリクルートエージェントに登録しました。

エージェントには希望に沿った非公開求人を紹介してもらい、書類選考から親身にサポートしてもらったおかげで、無事大手への転職を勝ち取ることができました。

他の転職エージェントにも登録しましたが、最も転職したい求人を出してくれたのがリクルートでした。

 

DODAエージェントサービス

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービスは、業界第2位の転職エージェントです。

求人保有数や転職決定数ではリクルートエージェントには及びませんが、エージェントの手厚いサポートには定評があり、ユーザーの満足度が高くなっています。

特に弁理士など専門職の求人では、専門のエージェントによるサポートが徹底されています。

 

弁理士や知財・特許関連の求人数が多いとは言えませんが、転職の動機や条件を詳しく聞き取って希望にマッチした求人を紹介してくれるのが魅力です。

また、履歴書や職務経歴書の書き方指導や添削から面接対策までトータルでサポートしてくれるので、安心して転職活動を続けることができます。

弁理士や知財・特許の求人では書類選考で落ちるケースが多いので、書類の作成や添削サポートは転職活動の大きな助けになります。

 

てしま

dodaは、「一般職・専門職問わず手厚いサポート」と「転職後のミスマッチの少なさ」に定評があります。

転職エージェントを利用した転職活度はユーザーとエージェントの二人三脚が基本ですが、それを最も体現しているのがdodaです。

 

DODAエージェントサービスの口コミ評判

口コミ

神奈川県、20代、女性
サポートがとにかく丁寧で、疑問や質問、ちょっとした愚痴まで付き合ってくれたのがdodaエージェントサービスのエージェントです。

dodaを含めて4つの転職エージェントに登録し、書類選考含めて合計8社に落ちるというダメダメっぷりでしたが、dodaのエージェントに励ましてもらえたおかげで最後まであきらめずに転職活動を続けられました。


北海道:30代、女性)
転職サイトを使っていた頃は書類審査で落とされていましたが、dodaに登録して職務経歴書の書き方を教えてもらった後は落ちなくなりました。

面接前には選考ポイントを詳しく教えてもらい、面接対策にも付き合ってもらえたので、希望した転職先から内定をもらえました。

 

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、管理職や技術職・専門職、ハイクラスの転職に強い外資系の転職エージェントです。

国内だけでなく海外の転職にも力を入れており、グローバル転職では国内ナンバーワンの実績を誇ります。

弁理士や知財・特許関連では外資系の特許事務所の求人が多いです。

 

JACリクルートメントでは、エージェント自身が訪問・取材して社風や事業戦略などをリサーチした企業をユーザーに紹介する仕組みを採用しています。

紹介された求人企業の内部事情を詳しく把握したうえで応募するかどうか決められるので、転職後のミスマッチが起こりにくいです。

約800人のエージェント一人が何らかの業界や職種の専門性を備えており、ユーザーの知識や経験を正しく評価して求人を紹介してくれるのも魅力と言えます。

 

年収800万円以上のハイクラス求人も多いので、好待遇の求人に応募したい場合は登録しておきたい転職エージェントです。

 

てしま

業界第3位、外資系では日本最大規模の転職エージェントです。

各業界の出身者のエージェントが多いので、安心して紹介やサポートを受けることができます。

 

JACリクルートメントの口コミ評判

口コミ

広島県、40代、男性
10年以上の知財部門での勤務経験を活かして管理職ポストで働きたいと思い、JACリクルートメントに登録しました。

担当エージェントが弁理士資格を持つ元同業者だったので、とにかく話が早かったです。

希望に合う管理職ポストの求人を紹介してもらい、1社目で転職先が決まりました。


愛知県、40代、男性
この年で転職は難しいかと思ったのですが、人間関係を一新したくて転職を決意しました。

知人から「年齢が高くても転職先が見つかる」と言われたのでJACを選びました。

エージェントからは希望どおりの求人を紹介され、最初の企業には採用されませんでしたが、2つ目の企業に転職できています。

実は年収1000万円を超えるハイクラス求人でダメもとでしたが、エージェントに後押ししてもらったおかげで転職に成功しました。

 

リーガルジョブボード

リーガルジョブボード

リーガルジョブボードは、日本最大級の士業求人を保有している転職エージェント・転職サイトです。

必ず士業ごとの専門エージェントが担当についてくれるので、安心して転職活動を進めることができます。

弁理士や知財・特許関連のエージェントも複数在籍しており、希望にマッチした求人を紹介してくれるだけでなく、業界の状況や企業の選考ポイントを踏まえたサポートをしてくれるのも魅力です。

 

リーガルジョブボードでは、エージェントが求人企業を実際に訪問・取材して社風などを把握したうえで紹介する仕組みが徹底されています。

弁理士や知財・特許関連の職歴があるユーザーによる口コミ情報も豊富で、通常は得られないような生々しい情報も得ることができるので、転職後のミスマッチが少ないのも特徴です。

また、リーガルジョブボードは転職サイトも兼ねており、ユーザーが企業の採用担当者と直接やり取りするシステムも備えています(ダイレクトリクルーティング)。

 

てしま
リーガルジョブボードは新興の転職エージェント・転職サイトで大手ほどの知名度はありませんが、士業の求人数とサポートの手厚さで注目されてきています。

 

3分で無料登録

リーガルジョブボードの口コミ評判

口コミ

福岡県:30代、男性
弁理士の求人が豊富なサイトを探していてリーガルジョブボードを見つけました。

ユーザーの口コミ情報がとにかく具体的で有益でした。

社風や社内の人間関係など企業サイトでは得にくい情報が満載で、自分に合った転職先を探すのに役立ちました。


大阪府、30歳、女性
あまり聞いたことのない転職エージェントで最初は心配しましたが、杞憂でした。

エージェントが求人元の社内の様子や雰囲気などを詳しく教えてくれて、具体的なイメージを掴みやすかったです。

転職して2か月以上経過しましたが、ミスマッチを感じることは一度もありません。

 

MS-Japan

MS-Agent

MS-Japanは、管理部門と士業の転職に特化している転職エージェントです。

管理部門・士業の「登録率」、「転職相談率」、「転職決定率」がNo.1、管理職部門の転職支援実績も実績があります。

弁理士の資格や経験を活かして管理職に転職したい人や、企業法務の仕事がしたい人におすすめの転職エージェントです。

 

法務や人事といったジャンルごとに専門エージェントがおり、ユーザーに合ったエージェントに担当してもらえます。

大手企業の管理職ポストの求人も保有しているので、ハードルは高めですが好待遇を希望するなら応募してみる価値はあります。

全国各地で個別相談会やセミナーを開催しているので、参加して求人の紹介を受けることも可能です。

 

てしま
企業法務や管理職ポストへの転職を希望する人は登録しておきたい転職エージェントです。

 

MS-Japanの口コミ評判

口コミ

東京都、30代、男性
弁理士資格を活かした仕事をしたくて転職を決意し、MS-Japanを含む7つの転職エージェントに登録しました。

しかし、MS-Japanから紹介された企業法務の求人で内定が決まり、他の会社は利用しませんでした。

 


福岡県、20代、女性
MS-Japanの魅力は、エージェントの専門性の高さです。

やりたい仕事の内容を細かく伝えたんですがしっかり理解してくれて、希望に沿った求人を紹介してくれました。

かなり専門的な内容だったので、他の転職エージェントでは困惑されたのですが、MS-Japanのエージェントはきちんと対応してくれたので嬉しかったです。

 

REX弁理士キャリア

REX弁理士キャリア

REX弁理士キャリアは、弁理士の転職を専門に取り扱っている転職エージェントです。

業種(企業知財部、商標・意匠系など)や職種(弁理士・特許技術者、特許調査員など)から細かく希望求人を探すことができます。

現職とは別ジャンルに転職したり、弁理士資格を取得してから未経験のまま転職したりする人でも、手厚いサポートを受けることが可能です。

 

大手と比較すると規模が小さいですが、弁理士や知財・特許関連の求人は豊富に保有していますし、エージェントの専門性も高めです。

弁理士資格を取得しているなら登録しておいて損はないでしょう。

 

REX弁理士キャリアの口コミ評判

口コミ

東京都、30代、女性)
弁理士特化の転職エージェントだけあって、希望に合った求人をいくつも紹介してもらえました。

大手と比べるとサポートがあっさりしている感じでしたが、エージェントが知財・特許業界に詳しいので話はしやすかったです。


千葉県、20代、男性
第二新卒で特許事務所への転職を目指しました。

経験不足という理由で、他の転職エージェントでは良い求人を紹介してもらえませんでしたが、REX弁理士キャリアでは条件に合う求人を紹介してもらい、転職を成功させることができました。

 

 

Patentjob Agent

patentjob agent

Patentjob Agentは、知財・特許業界の転職に特化した転職エージェントです。

弁理士、特許技術者、企業の知財部などユーザーの経歴に合わせた求人を紹介してもらえますし、内定をもらうまで手厚いサポートを受けることも可能です。

技術ジャンルごとの担当エージェントが業界情報や企業の選考ポイントを熟知しており、キャリアに応じたサポートの質の高さには定評があります。

 

書類審査の通過率が80%、特許事務所のトップ100のうち87事務所への転職サポート歴などの実績も豊富です。

知財関連の求人数は転職エージェントで最も多いので、少なくとも登録だけはしておきたい転職エージェントと言えます。

 

てしま
知財関連では大手の転職エージェントより求人数が多くなっています。

 

Patentjob Agentの口コミ評判

口コミ

大阪府、30代、男性
知財・特許関連の求人数がダントツに多いと聞いて登録しました。

エージェントから紹介される求人は1度に1~2件程度なので全体数は分かりませんが、細かく条件を指定しても合致する求人を出してくれたので、相当数を保有していると思います。


東京都、20歳、女性)
知財ジャンルで転職したいなら登録はしておくべき転職エージェントです。

メインは大手を使いましたが、Patentjob Agentしか取り扱っていない独自案件も何件か紹介されました。

 

 

弁理士向け転職エージェントのおすすめランキング

弁理士や知財・特許の転職エージェントのおすすめランキングを作る男性

弁理士向けの転職エージェントは8つありますが、一度にすべて登録するのは大変です。

そこで、「専門性」、「求人数」、「サポート」、「ハイクラス」の4つの基準に基づいて、大手と特化型それぞれにおすすめランキングを作りました。

 

弁理士向け転職エージェントのおすすめランキング(大手)

弁理士転職におすすめな大手転職エージェントのおすすめランキングです。

  1. パソナキャリア
  2. リクルートエージェント
  3. DODAエージェントサービス
  4. JACリクルートメント

 

第1位は、「専門性」、「求人数」、「サポート」のバランスが良く、ハイクラス転職求人もあるパソナキャリアです。

弁理士や知財・特許の転職活動は一般的な転職とはやり方が異なるので、専門性の高いエージェントに最初から最後まで手厚いサポートを受けられるのは転職希望者にはありがたいと言えます。

 

第2位は、業界No.1のリクルートエージェントです。

企業知財部を中心に公開・非公開求人を多数保有しているので希望に合う求人を見つけやすいですし、企業情報や選考ポイントが分かるAGENT Reportも転職活動に役立ちます。

少なくとも、登録だけはしておきたい転職エージェントと言えます。

 

第3位は、DODAエージェントサービスです。

求人数は多くありませんが、エージェントの手厚いサポートに定評があり、常に相談しながら転職活動を進めたい人におすすめです。

履歴書や職務経歴書の作成サポートや添削も丁寧で、書類選考で落ちたいことがある人も安心して応募しやすくなります。

 

第4位はJACリクルートメントです。

管理職ポストの求人が多く、ハイクラスの転職を実現したい人は登録しておきたい転職エージェントです。

エージェントが求人企業の実情を詳しくリサーチして情報提供してくれるので、入社後のミスマッチが起きにくいのも魅力と言えます。

 

弁理士向け転職エージェントのおすすめランキング(弁理士特化)

弁理士(知財・特許)に特化した転職エージェントのおすすめランキングです。

  1. リーガルジョブボード
  2. MS-Japan
  3. REX弁理士キャリア
  4. Patentjob Agent

 

第1位は、リーガルジョブボードです。

進行の転職エージェントですが、弁理士を含む士業求人を多数保有していますし、知財・特許ジャンルの転職に詳しいエージェントが希望に合う求人が紹介してくれます。

ユーザーが求人元の担当者と直にやりとりできる「ダイレクトリクルーティング」も可能なので、自分のスタイルに合った利用が可能なのもポイントです。

 

第2位は、MS-Japanです。

管理部門や弁理士の転職に強い転職エージェントで、弁理士の資格や経験を活かして管理職ポストや企業法務に転職したい人に向いています。

大手企業の求人もあるので、ハイクラス転職を狙いたい人も登録しておくと良いでしょう。

 

第3位は、Patentjob Agentです。

弁理士や知財・特許関連の求人数が最も多い転職エージェントなので、幅広い案件を比較検討するために登録はしておきたいです。

書類審査の通過率の高さや、大手特許事務所への転職サポート数の多さも注目ポイントと言えます。

 

第4位はREX弁理士キャリアです。

弁理士に特化した転職エージェントで、エージェントも有資格者が多くなっています。

第二新卒や弁理士としての経験がない人でも応募できる求人もあるので、若手の転職に向いています。

 

弁理士の転職におすすめの転職エージェントのまとめ

弁理士の転職に役立つ転職エージェント8つについて、おすすめランキング順にまとめました。

おすすめランキング大手弁理士・知財・特許特化
パソナキャリア
パソナキャリア求人数が多い、第二新卒・女性向き
リーガルジョブボード

リーガルジョブボード

特許事務所の求人が多い

リクルートエージェント
リクルートエージェント業界No.1で大手企業の求人が豊富
MS-JAPAN
MS-AGENT企業の管理部門の求人が多い
dodaエージェントサービス
DODAエージェントサービスエージェントの質が高くサポートが手厚い
Patentjob Agent
PATENTJOB AGENT
求人保有数No.1
JACリクルートメント
JACリクルートメントハイクラス転職求人が多い
REX弁理士キャリア
REX弁理士キャリア
弁理士特化

 

転職成功者は平均4.2社の転職エージェントに登録していたというリクナビNEXTの結果を踏まえると、弁理士の転職でも大手と特化の2社ずつくらいは登録しておきたいところです。