理想の待遇はキャリアアップ転職で手に入れる!

新卒向け退職代行サービス3選|20代の若者会社員の体験談を紹介

さの
新卒でも退職代行は利用できるの?

 

てしま

退職代行サービスは年齢に関係なく利用できますし、20代の若者が利用するケースも増えています。

新卒で退職して第二新卒で転職を目指す場合に向いている退職代行サービスを紹介しますね。

 

近年は売り手市場で、自己分析や企業研究を十分にせず何となくでも就職しやすいです。

結果、就職後に「理想と現実のギャップ」に悩み、退職して第二新卒として転職を希望する若者が増えています。

 

そんな中で注目されているのが、自分の代わりに退職の意思を伝えてくれる退職代行サービスです。

職場との面倒なやりとりを退職代行に任せて転職活動に集中したいという若者は少なくありません。

でも、「新卒から退職代行を使って良いのか」「費用が高そう」といった悩みを抱え、利用を踏む出せないこともあります。

 

この記事では、新卒の若者向け退職代行サービス3つと利用のメリット・デメリットを解説します。

 

てしま
転職エージェントで第二新卒の転職活動をサポートしており、退職代行サービスの業界事情にも詳しいです。

 

新卒の若者向け退職代行サービス3つの特徴と体験談

新卒向け退職代行サービス3つ

退職代行サービスはここ数年で急増しており、少なくとも50近い業者がサービスを展開しています。

例えば、【退職代行ガーディアン】 や退職代行サービスのNEXT 、弁護士法人みやびは全国的に有名な退職代行サービスです。

でも、新卒で退職代行を利用する場合、若者の退職に強い退職代行サービスを利用した方が退職しやすいです。

 

若者の退職に強い退職代行サービス3つ

若者の退職に強い退職代行サービスは次の3つです。

利用料金確実性サポート
退職のススメ
25,000円
退職代行ニコイチ
27,000円
退職代行Jobs
29,800円

2020年10月時点の税込価格です。

3つの比較基準の説明は次のとおりです。

  • 利用料金:サービスの料金が安いほど高評価
  • 確実性:退職に結びつきやすいほど高評価
  • サポート:事前・事後対応が充実しているほど高評価

 

 

退職のススメ

退職のススメ

利用料金確実性サポート
退職のススメ
25,000円
特徴
・退職代行業界の大手で最安値
・退職代行の実績No.1
・退職成功率100%
公式サイトhttps://taishoku-susume.com/

退職のススメは、人材派遣会社が運営している大手の退職代行サービスです。

税込25,000円という業界大手で最も安い価格や、退職成功率100%という圧倒的な実績で人気を集めています。

弁護士監修なので安心して利用できますし、事前事後のサポートも充実しているので若者でも安心して利用が可能です。

 

退職のススメの体験談

口コミ

東京都:アネモネ(20代・女性)
新卒で入社した企業がブラックで、入社から半年で退職を決意しましたが、パワハラ気質の上司が怖くて言い出せませんでした。

思い切って退職代行を利用することにし、新卒の退職に強いと友人に教えてもらった退職のススメに連絡しました。

最初はLINEで職場の悩みを相談し、親身に話を聞いてもらえたので利用を決めました。

上司とのいざこざを避けることができてストレスなく退職できましたし、無料で転職までサポートしてもらえて大満足です。


埼玉県:遠山健介(20代・男性)
大学卒業後に何となくの興味で就職した会社が合わず、やりたいこともできたので退職を決めました。

しかし、退職を言い出せないまま3ヶ月以上経過し、このままではズルズル働くことになると思って退職代行に申し込みました。

退職のススメは、申し込んだ当日から対応してもらうことができ、退職代行の手続きも短期間で終わって、スムースに退職が実現しました。

最初は費用をかけることに抵抗がありましたが、余計なストレスも無駄な時間もなく退職できたのは大きかったです。

 

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ

利用料金確実性サポート
退職代行ニコイチ
27,000円
特徴
・最短なら即日退職が可能
・退職失敗で全額返金
・退職成功率100%
公式サイトhttps://g-j.jp/lp05/

退職代行ニコイチは、弁護士が監修している退職代行サービスです。

15年の運営実績を誇る老舗にもかかわらず、退職成功率100%を継続し続けています。

万が一退職に失敗した場合は全額返金されるので、利用者の進む道は退職に成功するか、失敗して返金を受けるかの2択です。

 

退職代行ニコイチの体験談

口コミ

大阪府:田中(20代・男性)
別の退職代行サービスを使いましたが1ヶ月経っても進展がないので、退職成功率100%のニコイチに切り替えました。

相談当日から丁寧に対応してもらい、退職代行の手続きも驚くほど早く済んで、申し込みから1週間程度でほぼ全て完了という速さでした。

他のサービスでも同じですが、実績のある業者に頼むのは大事だと痛感しました。


東京都:F・F(20代・女性)
退職したいと申し出ても引き止められて辞められないので、退職代行サービスを利用しました。

ニコイチを選んだのは退職に失敗した場合の全額返金保証があり、ダメなら他を探すことができると考えたからです。

でも、依頼してからすぐに退職代行の手続きが進み、あれだけ強く引き止めてきた上司とやりとりすることなく退職できました。

 

退職代行Jobs

退職代行Jobs

利用料金確実性サポート
退職代行Jobs
29,800円
特徴
・24時間365日対応
・無料カウンセリング
・顧問弁護士の監修による安心業務
公式サイトhttps://jobs1.jp/

退職代行Jobsは、西前啓子弁護士が顧問を務める退職代行サービスです。

弁護士監修なのに費用が安いうえに、退職代行ではトップレベルの手厚いサポート体制が人気で、若者の利用も増加しています。

24時間365日いつでも対応してもらえるので、仕事が忙しく日中に連絡できない人も無理なく利用できます。

 

退職代行Jobsの体験談

口コミ

東京都:するもぜ(20代・女性)
新卒でブラック企業に就職してしまい、精神的におかしくなりそうだったので退職することにしました。

退職への不安が強く、手厚いサポートが受けられる退職代行を探してJobsを見つけました。

顧問の先生のWebカウンセリングのおかげで気持ちがかなり落ち着き、冷静に退職を判断できたと思っています。


栃木県:内藤(20代・男性)
月100時間を超える残業がツラくてツラくて、かといって上司に退職したいと言い出せず、最後の手段として退職代行を利用しました。

「会社を辞めるのは無責任ではない」というカウンセリングの言葉に胸を打たれ、後ろめたさを持たずに退職できたのが何よりうれしかったです。

「会社や同僚に迷惑をかける」という気持ちで仕事を続けている人は多いと思いますが、会社も同僚もあなたの人生を助けてはくれません。

退職したいと思ったら、会社や同僚よりも自分を大事に考えて選択してください。

 

新卒が退職代行サービスを利用するメリット・デメリット

新卒向け退職代行サービスを利用するメリット・デメリット

新卒が退職代行サービスを利用するメリットとデメリットを確認していきます。

 

新卒が退職代行サービスを利用するメリット

新卒の若者が退職代行サービスを利用する最も大きな理由は、「退職にかかるストレスを軽くしたい」というものです。

新卒で入社した会社を退職したいと思う理由は人によりますが、いずれにしても退職するには少なからずストレスがかかります。

例えば、「上司に退職したいと言いにくい」、「退職を伝えた後は職場に居づらい」といったストレスは誰にでも生じるでしょう。

 

退職代行を利用すれば、自分では伝えにくい退職の意思を代行業者から伝えてもらうことができます。

上司に退職を引き止められる心配も、居心地の悪さを感じる必要もありません。

退職を引き延ばされることもなく、スムースに退職を進めることが可能です。

 

新卒が退職代行サービスを利用するデメリット

退職代行サービスについてはデメリットを指摘する人もいます。

例えば、「転職に影響する」、「上司から嫌がらせを受ける」、「退職金をもらえない」などです。

 

でも、退職代行サービスを利用することにデメリットはほぼありません。

 

退職代行サービスが個人情報を漏らすことはありませんし、退職する企業も守秘義務があるので転職先に情報を伝えることはないです。

上司からの嫌がらせや退職金は明るみに出ると会社側のデメリットが大きいので、一般的な企業からの退職で問題になる可能性は極めて低いと言えます。

万が一問題になっても、弁護士に相談すれば解決することが可能です。

 

新卒の若者が短期間で退職・転職するときは転職エージェントを利用する

退職代行サービスを利用することにデメリットはありませんが、新卒の若者が短期間で退職することは転職に悪影響を与えるリスクがあります。

第二新卒の求人募集をかける企業の多くは、若手社員が短期間で退職した穴埋めを目的として募集をかけています。

そのため、「また辞められてしまうのではないか」という懸念から、新卒から短期間で退職した若者を採用することに消極的になることが多いです。

 

新卒の退職を転職時のマイナス要因にしないためには、転職活動において「退職の理由をポジティブに説明すること」が求められます。

ポイントは「成長」です。

退職した企業では自分の思うような成長ができず、転職先ならそれが可能だとアピールすることで短期間の転職のネガティブさを薄めることができます。

 

短期間で退職して転職を目指す場合は、20代・第二新卒・既卒の転職 に強い転職エージェントを利用することが大切です。

転職エージェントを利用すれば、短期間で退職したというデメリットをカバーする方法を教えてもらえますし、退職がデメリットになりにくい就職先も紹介してもらえます。

 

てしま

退職と転職をセットで考えて行動すると、スムースに進みやすいですよ。

実際、転職を成功させている若者の多くは、退職代行と転職エージェントをうまく活用し、短い時間で退職・転職に成功しています。

第二新卒の転職で失敗しない10ステップ!現役キャリアアドバイザーが解説

 

新卒で退職代行サービスを利用しない方が良い若者

新卒向け退職代行サービスを使わない方が良い場合

新卒の若者向けの退職代行サービスを紹介しましたが、利用しない方が良い人もいます。

  • その場の気分や感情で退職したいと思っている
  • 能力の低さを理由に退職したいと思っている
  • 退職したい理由が改善される可能性がある

 

その場の気分や感情で退職したいと思っている

「上司に叱られた」、「仕事で失敗した」といった理由で、一時的に仕事へのモチベーションが下がることは誰にでもあります。

勢いで「退職したい!」と思うこともありますが、冷静に考えると大したことがなく、時間が経つとモチベーションが回復することも多いです。

まずはゆっくりと休んで心を整え、本当に退職して良いのかどうか冷静に考えましょう。

 

能力の低さを理由に退職したいと思っている

「今の仕事は自分に向いていない」「仕事ができない」という理由で退職を希望する若者は増えています。

実はこれ、自己肯定感の低さによる自己認識で、周囲から見ると自分が思うほど仕事ができないわけではないことが多いです。

 

仕事に向いていないと退職を考える前に、上司や同僚に自分の評価を聞いてみてください。

きっと、思っているよりあなたのことを評価してくれているはずです。

 

退職したい理由が改善される可能性がある

「残業が多いから」、「上司とそりが合わないから」といった理由で退職したいと思っている場合も、退職するかどうか検討の余地はあります。

例えば、労使交渉で労働条件が改善されたり、転勤で合わない上司と離れたりする可能性があるからです。

今の状態が不快でも、改善される見込みが現実的にあるなら、退職は選択肢の一つにして様子を見るのもありでしょう。

 

新卒向け退職代行サービス3選のまとめ

新卒向けの退職代行サービスは3つあります。

他にも退職代行サービスはたくさんありますが、「料金の安さ」、「退職成功率」、「対応の速さ」、「若者の退職実績」では上の3つが優秀です。

 

退職代行サービスを利用しても転職が不利になるといったデメリットはありませんが、短期間で退職することで転職が難しくなる可能性はあります。

そのため、転職活動をスムースに進められるよう、退職代行と転職エージェントを同時に利用してみましょう。

転職エージェントのサービスは全て無料で利用できますし、第二新卒の転職に強いエージェントを選べば短期間の退職をフォローする方法も教えてもらえます。