理想の待遇はキャリアアップ転職で手に入れる!

中小企業診断士向け転職エージェントと資格を活かせる転職先の求人を紹介

さの
中小企業診断士の転職エージェントって聞かないよね?

 

てしま

確かに、中小企業診断士だけに特化した転職エージェントはありません。

でも、資格が活かせる求人を保有している転職エージェントは複数ありますよ。

 

中小企業の経営コンサルができる唯一の国家資格として注目される「中小企業診断士」。

中小企業診断士の活躍できる分野は幅広く、求人募集を出している企業も少なくありません。

また、転職エージェントを利用することで、個人の転職活動では得にくいメリットを得ることができます。

 

この記事では、中小企業診断士の転職に役立つ転職エージェントを紹介します。

 

中小企業診断士に特化した転職エージェントはない

結論から言うと、中小企業診断士に特化した転職エージェントはありません。

大きな理由は2つあります。

 

  • 中小企業診断士の求人数が少ない
  • 他の士業資格ほど知名度が高くない

 

中小企業診断士の求人数が少ない

中小企業診断士は、日本国内で唯一経営コンサルができる国家資格で、幅広い分野で活躍できるポテンシャルを秘めた資格です。

でも、弁護士、弁理士、司法書士などの士業資格と違って「独占業務」がありません。

そのため、中小企業診断士の資格を条件にして求人応募をかける企業は少ないです。

 

ただし、中小企業診断士の知識や経験を活かせる分野は幅広く、資格を必要条件としていないだけで転職先候補となる求人はたくさんあります。

 

他の士業資格ほど知名度が高くない

中小企業診断士は、弁護士や司法書士などの資格と比較すると新しい資格です。

中小企業やコンサル業界では知られてきましたが、一般的に見ると他の有名士業ほどの知名度はありません。

そのため、中小企業診断士に特化した転職エージェントを作っても他の士業と比べて需要・供給も少なく、ビジネスとして成り立たないので進出している企業がないのです。

 

中小企業診断士の転職に役立つ転職エージェント

中小企業診断士の転職エージェント

「じゃあ中小企業診断士の資格を活かした転職は難しいのか」と言うとそうではありません。

資格を活かせる転職先はありますし、転職エージェントは公開・非公開求人を多数保有しています。

中小企業診断士の転職を専門に扱うエージェント(キャリアアドバイザー)はいなくても、転職を希望する分野に詳しいエージェントはいて転職活動をサポートしてくれます。

 

中小企業診断士の転職に役立つ転職エージェントは3つあります。

  • パソナキャリア
  • リクナビエージェント
  • dodaエージェントサービス

 

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、準大手の転職エージェントです。

担当エージェントのサポートの手厚さに定評があり、顧客満足度総合1位を獲得しています。

「中小企業診断士」で検索して表示される公開求人数は13件と少ないですが、登録すれば非公開求人も紹介してもらえるので選択肢は大幅に増えます。

 

中小企業診断士で検索してヒットするのは、必ずしも資格を必要条件とする求人とは限りません。

 

 

てしま

パソナキャリアは一人で転職活動を進めることに不安があり、エージェントの手厚いサポートを受けたい人向けです。

中小企業診断士の資格を活かせる分野の求人が多数あり、その分野に詳しいエージェントが多いのもポイントと言えます。

 

リクナビエージェント

リクルートエージェント

リクナビエージェントは、業界No.1の転職エージェントです。

公開求人の数も多いのですが、その何倍もの非公開求人を保有しており、求人保有数は他の転職エージェントの比ではありません。

無料登録すれば、豊富な非公開求人の中から中小企業診断士の資格を活かせる求人を紹介してもらえます。

 

また、選考段階に進むと業界情報や選考ポイントが書かれた「AGENT Report」をもらえるので、情報収集目的での利用にも適しています。

中小企業診断士で検索して表示される公開求人数は10件のみですが、非公開求人を含めると、有資格者の募集を含めて業界で一番の保有数です。

 

てしま

本気で転職活動をするなら、少なくとも登録だけはしておきたい転職エージェントです。

メインで利用するかどうかはエージェントのレベルや相性によりますが、情報量という点では他を圧倒しているので、登録しないという選択肢はないと言えます。

 

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービスは、業界No.2の転職エージェントです。

パソナキャリアと同じく手厚いサポートに定評があり、リクルートエージェントに近い求人数を誇る「良いとこどり」の転職エージェントと言えます。

中小企業診断士の資格を活かせる求人は非公開求人に多く、登録後にエージェントから紹介してもらうことになります。

 

中小企業診断士の求人が上の2社と比べて多いわけではありませんが、コンサルティングファームや税理士事務所の求人が多いので、資格を活かせる転職先を見つけやすいです。

 

てしま

事務所やファーム系の求人はdodaの保有数が多いですね。

口コミを見るとヒアリングがやや薄いエージェントもいるようですが、他2社と比べて大きな問題は見当たりません。

 

転職エージェントは複数利用するのが基本

転職活動の基本ですが、転職エージェントは複数登録しておきましょう。

リクナビNEXTの調査を見ると、転職決定者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

転職活動で利用した転職エージェントの数

出典:転職エージェント(人材紹介会社)を使った転職活動ガイド|リクナビNEXT(https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s00912.jsp?html_nm=agentnetwork/guide_agentnetwork.html

転職者全体が2.1社なので2倍です。

 

他の資格なら大手2~3社と特化1~2社に登録しておくのですが、中小企業診断士の場合は特化の転職エージェントがありません。

そのため、この記事で紹介した3社に登録し、あと1~2社は準大手か中小の転職エージェントに登録しておくと良いでしょう。

 

てしま
最初は大手3社だけで転職活動を進め、エージェントとの相性が合わなかったり、比較検討の材料がもう少し欲しくなったりしたときに追加登録しても問題はありません。

 

中小企業診断士の転職先

中小企業診断士の転職エージェントを選ぶ女性

中小企業診断士の転職先は、大きく5つに分けることができます。

  • 中小企業支援機関
  • コンサルタントファーム
  • 税理士事務所
  • 一般企業
  • 中小企業診断士事務所

 

中小企業支援機関

中小企業支援機関とは、中小企業の支援に関する業務を行っている次の3つの機関のことです。

  • 商工会議所・商工会
  • 中小企業団体中央会
  • 都道府県等中小企業支援センター

 

退職や産休・育休・病休などで欠員が出たときに補充のために求人募集が出ます。

即戦力を求める機関が多く、中途採用が大半です。

 

中小企業診断士の転職先の中では、資格を持っていることが評価されやすい転職先です。

例えば、「中小企業診断士の資格+関連分野の実務経験」や「中小企業診断士の資格があれば実務経験を問わない」という求人が多くなっています。

 

コンサルタントファーム

コンサルタントファームとは、中小企業の経営コンサルなどを行う会社です。

中小企業診断士の求人が出回るのは、会計・財務・税務や資金調達、業務改善などの経営支援サービスを提供するファームが多くなっています。

大手から中小まで様々なコンサルタントファームが求人を出しており、経営コンサルティングに興味がある人にはおすすめの求人です。

 

コンサルタント会社の求人では、中小企業支援機関よりも中小企業診断士の資格が評価される傾向にあります。

例えば、推奨資格に中小企業診断士と明記されている求人が多いです。

 

税理士事務所

税理士事務所でも中小企業診断士の有資格者の求人募集を出すことがあります。

大手の事務所による募集が目立ちますが、中規模の事務所が出しているケースも散見されます。

特に多いのが、コンサルティング部門で事業再生・企業再生案件を扱っている税理士事務所です。

 

中小企業診断士の資格を推奨している求人が多いですが、1次試験合格だけでも採用されることがあります。

また、税理士資格や科目合格と並列で推奨資格になっている求人も多いです。

業務経験がなくても有資格者なら採用される求人もあるので、経験を積むために転職を目指す人もいます。

 

一般企業

一般企業でも中小企業診断士を募集していることがあります。

企業のバックオフィス部門(間接部門)や総務・管理部門の求人の推奨資格として掲載されていることが多いです。

税理士や公認会計士など他の資格との併記も多いですが、中小企業診断士が単体で推奨されていることもあります。

 

ただし、他資格と並列で推奨資格となっているのが一般的です。

また、複数人の応募があった場合、財務・経理関連なら税理士や会計士、法務なら弁護士というようにより専門的な資格のある人が採用される傾向にあります。

 

中小企業診断士事務所

中小企業診断士事務所とは、有資格者が独立開業した事務所です。

基本的には個人経営が多いのですが、まれに求人が出回ります。

他の転職先と異なり、基本的には中小企業診断士の資格が必須です。

 

中小企業診断士以外の資格や知識・経験が重要

中小企業診断士が推奨資格となっている求人はそれなりにあります。

でも、他の士業資格の業務と重なる部分が多いうえに独占業務がないので、他資格のある人や実務経験が豊富な人と競合すると採用されにくいのが実情です。

そのため、中小企業診断士以外の資格を取得したり、実務経験を積んだりして転職を有利にする武器を増やすことが、転職成功のカギとなります。

 

中小企業診断士向けの転職エージェントと求人のまとめ

中小企業診断士に特化した転職エージェントはありませんが、資格を活かせる求人は公開求人・非公開求人ともにあります。

「転職エージェントは不要」という意見もありますが、働きながら転職活動を進めて転職を成功させるには、エージェントのサポートが大きな力になります。

大手の転職エージェントなら求人数や情報量が豊富なので、4社くらいに登録し、相性の良いエージェントのサポートを受けながら転職を目指しましょう。